吉田鋼太郎の若い頃が男前っ!リリーフランキーと見分けがつかない人が続出中!?

どうもこんにちは。

今回ご紹介させて頂くのは
実力派俳優としてその名を馳せるあの方。

“渋いおじさま”の代名詞と言っても過言ではない
イケおじ俳優の吉田鋼太郎さんです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】おっさんずラブ🌸ドラマアカウントさん(@ossanslove)がシェアした投稿

超人気ドラマ「おっさんずラブ」のヤバいあの上司…
黒澤武蔵役で若い世代からも絶大な人気を誇る吉田鋼太郎さん。

あの渋いルックスからのお茶目で女子っぽい仕草のギャップがたまらなく、まさにハマり役っ!!

そんな吉田鋼太郎さんの若い頃は一体どのような方だったのか?

そして今、ネット民を悩ませているあの問題。
あの天下のGoogle様すら悩ませるリリーフランキーさんと見分けがつかない問題についても紹介したいと思います。

それではいってみましょーっ!

吉田鋼太郎出演!ドラマ「おっさんずラブ」動画情報!!▼

田中圭の結婚理由がヤバいってマジ!?嫁さくらと子供との現在と馴れ初めについても!

2019.08.23

吉田鋼太郎の経歴ちょいWikiっ!出身高校や大学についても!

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】おっさんずラブ🌸ドラマアカウントさん(@ossanslove)がシェアした投稿

本名:吉田鋼太郎
生年月日:1959年1月14日
年齢:60歳
身長:174cm
血液型:B型
出身:東京都
所属事務所:ホリプロ・ブッキング・エージェンシー

出身は東京都。

しかし、小学時代6年間は大阪で過ごしていたという吉田鋼太郎さん。

今では結構ガッチリ体型の素敵なおじさまですが、
実は幼少期はとても虚弱体質だったのだとか。

ですが、母親の勧めで合気道を始め
心身共に成長していったそうです。

青春真っ只中の中学時代は当時流行していたフォークソングに影響を受けギターを始め、

(・・・これで俺も女子モテモテだ!ムフフ)

という淡い期待を胸に音楽青年を目指すも・・・

現実は全然モテることなこともなく…
同じ理由でバレーを始めてみるも同様にモテ要素には繋がらなかったという

何ともほろ苦くも切ない青春時代を過ごしたそうです。

そんな、吉田青年が一体どのようなキッカケで
役者の道を志したのか?

これは女子にモテてやろうムヒヒ…な理由ではなく
(少しはあったのかもしれませんが笑)

幼少期から宝塚歌劇団が大好きで、
テレビにかじりつく勢いで舞台の映像を見ていたとのこと。

生で舞台を見たときはスキップしながら飛び跳ねるくらいの喜びようだったとと語られています。

そんな吉田鋼太郎さんに一つの転機が。

それは出身高校である聖パウロ学園高等学校在学中の出来事。

英語の先生からもらったという舞台のチケット。

この一枚のチケットが吉田鋼太郎さんの人生を大きく変えることになります。

全寮制で娯楽が少ないということもありましたが、
先生からもらったチケットで向かった舞台を見たことがキッカケで

吉田鋼太郎さんは芝居…そして役者という存在の魅力にどんどん惹き込まれていったそうです。

そして劇団雲のシェイクスピア喜劇『十二夜』。

この舞台を見た吉田鋼太郎さんは感動に打ち震え、
自身も役者になりたいと思うようになりました。

しかし、高校卒業時点ではまだ役者を本気で目指すということはそこまで本気で目指していなかったそうでして、

テレビ局に勤めたいという理由で大学へ進学することに。

上智大学ドイツ文学科に推薦入学することとなった吉田鋼太郎さんはシェイクスピア研究会というサークルに入り、

以前、感銘を受けた「十二夜」にて初舞台を経験することになりました。

これらの経験が吉田鋼太郎さんの役者魂に火をつけ、
残念ながら上智大学は中退することになりましたが、

結果的に役者吉田鋼太郎の誕生、
そして今もなお大活躍する超実力派俳優として名を馳せることとなります。

その後、吉田鋼太郎さんはあの有名な「劇団四季」に入団。

しかし、劇団のミュージカル路線の変更による演劇性の違い。
稽古の厳しさや吉田さん自身が踊りや歌があまり得意でなかったということから半年で退団。

そして劇団「シェイクスピアシアター」に入団。
プロの舞台俳優として活躍します。

劇団在籍中は

・「ヴェニスの商人」にて「第6回読売演劇大賞男優賞」
・「ハムレット」にて「第36回紀伊国屋演劇賞個人賞」

を受賞と若手役者の頃から大活躍!

その後は、劇団「東京壱組」へ入団し、
1997年には演出家の栗田芳宏氏と共に「劇団AUN」を設立▼

数々の舞台に出演し、演出も手掛けるように。

シェイクスピアなど海外古典作品に造形が深い吉田鋼太郎さんは
幅広い演技をこなせる役者として舞台を中心に現在も活躍されております。

テレビ番組では映画・ドラマなどの出演もこなしていましたが、
どちらかというと舞台メインの役者であり、

最近まで吉田鋼太郎さんの名前を知らなかったという人も少なくなかったそうです。

しかし、ドラマ「おっさんずラブ」の爆発的ヒットにより
実力に裏付けられた演技力。

そして役柄のハマりっぷりに俳優としても大注目の人物になりました。

幼少期から大好きだった舞台の世界。

紆余曲折あったものの、
様々な経験やキッカケが吉田鋼太郎さんを役者への道へと進め、

演劇界、そして芸能界でもなくてはならない存在へと押し上げることとなりました。

女子にモテ・・・るのは
当時はそこまで実現しなかったようですが・・・

実は現在までに事実婚も含め4度目の結婚を2016年にされているので
青春時代はさておき、夢はすべて叶えたと言っても過言ではいでしょう笑
(吉田鋼太郎さんの結婚についてはまたご紹介します)

吉田鋼太郎の若い頃は男前っ!?【画像あり】

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】おっさんずラブ🌸ドラマアカウントさん(@ossanslove)がシェアした投稿

あぁ・・・こんな素敵な歳のとり方をしたい・・・

吉田鋼太郎さんを見てそのような思いが
フツフツと湧いてしまう男性も多いのだとか。

しかし、実際はメタボ腹に荒野と化した毛髪・・・
オシャレなヒゲどころか髪の毛すら生えてこねぇよ・・・

…という現実になってしまうのではないかと管理人は時の流れが怖くて仕方がありません。

しかしっ!
吉田鋼太郎さんもまた人の子。

小学生の頃からヒゲを生やして激シブハードボイルドなおじ様小学生であった訳ではありません。

吉田鋼太郎さんの若い頃はどのような出で立ちだったのか?

そこに今後渋くてかっこいいおじ様になる為の秘訣が隠されていたのではないかと。

ということで吉田鋼太郎さんの若い頃の画像を紹介!▼

コチラは恐らく10代の頃の頃と思われます。
確かに瑛太っぽい…

ていうか…渋くない?

確かにアイドルフェイスではないかもしれませんが
普通に男前です。

こちらは多分20代~30代くらい?
イケメンにしたロバ◯ト秋山さんのような・・・

そして今▼

う~ん、今の吉田鋼太郎さんが一番カッコいい!!

吉田鋼太郎さんの若い頃から現在までを見てみましたが、
普通に素材が良いとしか言えませんね。はい。

将来、渋いおじ様になるのは諦めます。

吉田鋼太郎とリリーフランキーの見分け方を考えてみた。

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】おっさんずラブ🌸ドラマアカウントさん(@ossanslove)がシェアした投稿

最近、ドラマ以外にもバラエティ番組にも多数出演している
吉田鋼太郎さん。

しかし、その弊害と言いますか、
予想だにしなかった事態が勃発し多くの方々…

そして、あの天下のGoogle様すらも悩ませるという大問題へと発展しつつあるというのですから驚きです。

そう、その大問題というのが・・・・・

吉田鋼太郎とリリーフランキーが全く見分けがつかない問題です。

注意
「吉田鋼太郎」で画像検索をするとリリーフランキーさんと間違えてしまう可能性がありますので専門家の指導のもと検索を行うようにしてください。
(追記:最近はかなり改善されました。…さすがGoogle様恐るべし)

この問題。

リリーフランキーさんを吉田鋼太郎さんと思い込んでしまうという・・・

被害者を増やさない為にも・・・

えぇ。そうです。

ヤフー知恵袋で聞いてみました▼

ありとあらゆる知識を有している知恵袋ユーザー様に聞けば、
革新的な見分け方をご教授頂けるのではないか?

そう思った私は回答がくるのを待ち続けました。

 

すると、1件の賢者から回答が・・・

 

見た目浮浪者らしいのが、リリー。

 

・・・

 

・・・・・・

 

なるほど。・・・ってさすがに失礼過ぎて言えねぇよ!!

残念ながら数日待ってみたものの他に回答が来ることもなく、
泣く泣く質問を削除することとなりました。

そして気づきました。

あの知恵袋ユーザーすらも悩ませる大問題であることを。

少しばかり痩せているのがリリーフランキーさん。
その逆が吉田鋼太郎さん。

現時点ではこれが一番有効な見分け方のようです。

しかし、二人が同時に帽子を被ってしまうと…
全然見分けがつきません。

もし・・・

画期的な見分け方がありましたら
誰か教えてください。お願いしますm(_ _)m